FC2ブログ

本当にあった愉快な話芸能ズキュン!5月号


本当にあった愉快な話 芸能ズキュン!」5月号で
「驚き価値観!歴史から見るその考え方にちょっと待て!」描かせていただきました。

驚き価値観!歴史から見るその考え方にちょっと待て!


機会がありましたらぜひお手にとってやってくださいませ。
また「この価値観なんで?」と思われるものがあったら是非ご投稿くださいませ。
投稿はこちらからできます。

ご投稿お待ちしております、どうぞよろしくお願いします。





日記。
(流血注意)


さくら(飼い猫)の右前足の爪の根本に、黒っぽい塊がありました。
かさぶたかな?と思いつつ、放置すること約一か月。

ふと
「あれ…まだこのかさぶた、治ってないんだ…
治りが遅くないか?
いや待て、これは本当にかさぶたなのか?
ひょっとしたら腫瘍というやつでは!?」
と急に不安になりまして。

「ああ私ってばなんでずっと放置していたんだ」と
ストレスで(私が)腹を下しつつ、動物病院に連れて行きました。

そうして獣医さんに見せると。
先生はその、さくらの黒い塊を指でつまんで。


ぶちっとちぎりました。


!?


「ギャー」と鳴くさくら、
溢れる血。

そりゃ鳴くわ!!
そりゃさくらも鳴くわ!!

そのあと先生が止血剤などを使って血を止めてくれて、
塗り薬をもらって帰ってきました。


なんだったの。
一体何だったの。

いや、まあきっとそういう治療だったんでしょう…
きっと何かそれで確認できたことがあったんでしょう、知らんけど。


結局黒い塊は、かさぶただったみたいです。
かさぶたを千切られて、さくらの爪の根本に
新しい黒いかさぶたが出来てそして腫れています…
うう、痛々しい…

114zz.jpg

塗り薬をなめないよう、薬を塗ってからしばらくの間カラーをしています。

本人は帰ってきたらケロリと、
よく遊ぶし爪とぎもするし食欲もあるし、一応元気な様子で良かったです。


でも「経過を見たいから」とのことだったので、
また数日後に動物病院に行く予定です。
すまぬ、さくら…


【追記】
その後順調に治っています。
一度経過観察ということで動物病院にも連れて行きましたが、
もうしばらく薬を塗れば問題ないでしょう、とのことでした。
良かった良かった。

…あのぶちっとちぎったのは、正しかったのか…?




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/771-3ff0a27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)