FC2ブログ

FE風花雪月 煤闇の章感想


FE風花雪月の煤闇の章クリアしました。
ハードクラシック、本編より難しかった気がします。



以下、煤闇の章のネタバレががっつりあります。
赤エーデルガルトが仲間になる覇王ルート、
青の王国ルートと
黄色の同盟ルートでのネタバレがあるかもしれません。

以下ネタバレあり感想。



まず、三級長が一緒に仲良くしているだけで嬉しかったです。
このまま皆で地下で暮らそうぜ。



1a_2020021802240336d.jpg

1b_2020021802240492e.jpg
ヒルダも強かったんですけどね…
でもアーマー相手に兜割りして外したりしてると、
「魔法職がもう一人欲しい」と思ってしまいました。

1c_20200218022355519.jpg
ソドマス先生の使い勝手が良くて、回復に回せませんでした。


2a_20200218022357c04.jpg
ディミトリは「弱者が助け合って生きていく」というの好きそうだよなと思いました。
まあその一方で、普通に治安悪いとか言われてましたけどね。

クロードは放っといても大丈夫な安心感があります。

エーデルガルトとディミトリが
「髪の色変わってないか?」
「なぜそれを…?」
と話していてちょっと感動しました。
もっと突っ込んで話せよ!
お前らがこの時点で全部話し合って和解したら平和になるかもなんだよ!
お前ら結婚しろ頼むから!

3a_20200218022358bb3.jpg



5a_20200218022401ea1.jpg
帝国兵かと思ったら単なる盗賊かよ!

4a_20200218022359450.jpg
儀式を一体どこで…
「聖廟」「食堂」「書庫」の選択肢、
これ「聖廟」にしたらクロードの支援度が上がって
「食堂」にしたらディミトリの支援度が上がって
エーデルガルトの支援度が下がるんじゃないかと思いました。

クロードはきちんと考える頼れる相棒感ある先生が好き、
ディミトリは戦闘では頼りになっても普段はボケてるとこもある人間味あふれる先生が好き、
エーデルガルトは完璧に頼りになる先生が好き
(なので正答して当然で支援度は上がらない、むしろボケたら支援度は下がる)
…というイメージ。


母親は生き返ると思って楽しみにしてました。
生き返って、以下のようになると思ってた。

母「ここは…?ハッ、私の赤ちゃんは!?」
アルファルド「(ベレトを指しながら)君の子はあそこにいるよ、信じられないと思うが君は21年間眠っていたんだ」
母「21年…?私の子は…わかったわ、アルファルド、私の剣はある?ベレト、剣を構えなさい。あなたがジェラルト様と私の子だというのならば弱いはずがない」
ディミトリ「それは…確かにそうかもしれない」
シトリー「さあベレト、私と戦ってあなたの出自を証明するのよ!」(炎の紋章ペカー)
クロード「いやいや、なんだそりゃ。何かの副作用で混乱してるのか?」
アルファルド「ああ、なんて勇ましいんだシトリー。まるっきり昔のままだ」(うっとり)
エーデルガルト「…信じがたいけれど、本来の性格のようね…」

(シトリーがボスで戦闘へ。アルファルドも敵に回ってシトリーの回復をする。幻影兵たくさん出てくる。)

んで戦闘後に

シトリー「さすがは私とジェラルト様の子…ああ、立派になって…」
ディミトリ「感動的な親子の再会だな」
クロード「うーん、それで納得できるもんかね…」
エーデルガルト「理解できないわ…」
アルファルド「…シトリー!?体が…朽ち始めている!」
シトリー「……私は…死んでしまった…死者は…生き返ることはできない。私もね、アルファルド。私ではないの。シトリー本人ではないの。私は微かに残ったシトリーの思い…それももう消える…」
アルファルド:「そんな…シトリー、でも今君はそこに…」
シトリー「……ああ、始原の宝杯が…暴走して…アアッ!!!」
アルファルド「シトリー?シトリーッ!」

そしてラスボス、魔獣の姿に変わり果ててしまったシトリーを倒す。
さっきの戦いから連戦。

レア「死んでしまった者は女神でもない限り…蘇らないのです。蘇らないのですよ、アルファルド…。それを無理に現世に呼び戻してしまえば…その力は暴走して…このようなことに…」
アルファルド「そんな…私は…私は、ただ、シトリーを…彼女を…」
レア「かわいそうなシトリー…すぐに…楽にしてあげねば…」
ベレト:自分にやらせてほしい
レア「ベレト…そう、ですね…あなたは…シトリーの子なのですもの。…頼みます、ベレト。どうか、シトリーを…あの子を…安らかに…」

そしてラスボス戦。VS魔獣。

エピローグ、アルファルドは責任を問われてしばらく謹慎。
全部アルファルドが悪かったってことで、被害者扱いの灰狼の学級は解散にはなるもののお咎めはなし。むしろ許される。

ユーリス「アルファルドさんの気持ちも…少しは分からなくもないんだ。死者を生き返らせるってのは、誰もが夢見ることなのかもな…」
ハピ「でも、生き返ってなかったんでしょ?本人じゃないとか言ってたし」
バルタザール「生き返ったように見えても、結局はあんな魔獣になっちまって…」
コンスタンチェ「そう…死者は生き返らないのですわ。生き返らないからこそ…アルファルド様も…死ななくてよかった。そして生き残った私たちは、一生懸命生きなくてはなりませんのよ!」
ユーリス「ああ…そうだな…」

んでハッピーエンド…になるかと思っていました。




支援会話見ようと思ったらこれから3周しないといけないのがキツイです。
次、最後に残しておいた教会ルートやろうと思っていたのに…


とりあえず赤でちまちまと始めました。
そして灰狼の4人を早速スカウト。
何の条件もなくあっさりスカウトできて、ちょっと拍子抜けしました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/767-45acdbb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)