FC2ブログ

「ニャンと明治時代はこうだった」の一部を公開してます


ニャンと明治時代はこうだった」のプロローグに加えて、
一章二章が現在試し読みできます。

よろしければぜひご覧になっていただき、
購入を検討していただけましたら幸いです。






日記。

先日書きました、FE風花雪月のプレイメモ落書き続きです。
赤の帝国ルートが終わったので次は青です。



青の1部、11月頃まで進みました。
青ルートと、赤帝国ルートのネタバレがありますので、ご注意ください。



最初のころは「赤がうちの子」感覚だったので少々違和感がありました。

しかし赤のころは知らなかった、お前たちがそんなものを重視していたなんて。
1a_20190926003554f92.jpg
ペトラを馬に乗せたことなんてないぞ。
フェルディナントは重装、まだ才能開花していないはずなのに。

1b_20190926003556c37.jpg

1c_20190926003557a6f.jpg
ロードにしたところ、ディミトリの力が三連続で上がらなくて
「これはいかん」とブリガンドにして「鬼神の一撃」を取りました。
それからは毎回、力はピンピン上がって、もちろん学級一の力持ちです。
皆力が20前後のところ、一人だけ30超えてます。強い。

FEの青い王子様なんで
あんまり力の伸びなかったマルス様のイメージだったんですが、全然違った。


1d_20190926003559fde.jpg
二週目だから勝手がわかって楽しいぜ!と思っていたら、いろいろミスしてます。
でも一週目では読み飛ばしていた、国の歴史や貴族の関係を喋ってくれるモブのセリフが理解できて楽しいです。

5月の会話。
1e_20190926003600d7d.jpg
「恋か…」を選ぶ度胸が私にはありませんでした。


最初は「皆真面目で、まとまりのある学級だなあ」と思っていたのですが。
進めていくうちに。
1fa.jpg

そういえば6月「霧中の叛乱」はアッシュに関連してるし
8月の「ゴーティエ家督争乱」はシルヴァンに関連してるし。
重いわ。

1ha.jpg
一週目赤の時は、結構苦労して倒していたのですが
(ヒューベルトがダークスパイク覚えてからは楽になった)
青は最初から倒す準備をして、計画的に槍の技能を上げていました。

1ia.jpg
そしたらこれだよ!
削るはずのフェリクスが倒したよ!!

1ja.jpg
だって理学やってる男がいないから。
あと普通にメイジにして「魔神の一撃」取ったほうがいい。



9月「死神の噂」と11月「炎と闇の蠢動」。
1ga.jpg

ディミトリとの会話の選択肢「恋か…」を選べませんでしたが、
その後エーデルガルドとは「義理の姉弟」という関係だと明かされます。

そういえば帝国ルートでディミトリを倒すとき、「父と継母が云々」と言っていました。
こういう関連があったのですね。

つまり既に父と生母と継母を亡くしたディミトリにとってエーデルガルドは、
恋愛関係云々というような愛と希望に溢れるポジティブなものではなく、
「ギリギリ唯一の身内」と言える、切実に縋りたい相手なのではないかと思い当たりました。
(ディミトリには伯父がいるが不仲らしい)

帝国の次期皇帝と王国の次期王という関係から表立って「姉弟」として仲良くすることはできないけれど、
それでもそういう「似たような立場」であるから、身内意識を更に募らせていそうです。

なるほど。

炎帝の正体がバレるときが怖いな。






そして帝国ルートでのエーデルガルドは、最初から主人公に対して好感度MAXだなーと感じていました。

ディミトリはそうでもなくて、
勿論礼儀正しく爽やかに丁寧に対応してくれるのですが、
最初の頃は他人行儀の丁寧さ人当たりの良さだと感じました。
「初めて会った時のお前は敵を殺すことに何の感慨も抱いてないように見えた、
しかし会話を交わすうちにそうではないことが分かった、今では信頼している」と言ってたし。

当時はエーデルガルドの好感度の高さは「ゲームの主人公だから」かと思っていたのですが、
そういえば主人公は、チュートリアル戦闘の後、身を挺して盗賊の攻撃からエーデルガルドをかばっていました。

もしかして主人公はエーデルガルドにとって
「はじめて自分を守ってくれた大人」なのではないでしょうか。

勿論ヒューベルトという味方はいますが彼はあくまで従者。
彼を味方にし続けるためには「仕えるに足る主人」であり続けなければならない。

主人公は
教師という自分より上の立場であり、
優れた指揮能力と戦闘能力を持ち、
炎の紋章持ちで英雄の遺産を扱えて、
何よりも自分を何の見返りなく守ってくれた実績がある。

今回青ルートを選んだら、エーデルガルドは
「私たちの学級を選ばなかったことを後悔させてあげる」と言ってましたが、
「自分を守ってくれる大人が、自分を選んでくれなかった」ことに対する失望感から
攻撃的な言動になっていたような気がします。

これから彼女と敵対するであろうと考えると、ちょっと気が重い。





それはそうと、今回は誰と結婚しようか。
1ka.jpg


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/753-2d0538ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)