FC2ブログ

寝床の変遷

タイトルなどは忘れましたが、結構前に読んだ本に
「昔、東北には全裸になって寝る習慣があった」
というような記述がありました。

でも確かその一文だけさらっと書いてあって、
具体的に東北でもどのあたり?とか、昔というのはいつ頃?とか、
いくらなんでも全裸で床の上にそのまんま寝ることはないだろうが寝具は?とか、
そういった説明がまったくなかったんですよ。
ネットで検索してみても、該当する情報がイマイチ見つかりませんでした。

それで「真偽・詳細不明」と付箋を貼って、
この情報は頭の隅にしまっておりました。

しまったまま8割くらい忘れていて日々をすごしていましたところ、
暮らしの中の民俗学」という本に、詳細な説明を発見。
大多数の庶民の寝臥法は敷き詰めた藁に裸で入るものだった
という記述に「ああー!これかー!!」と膝を打ちました。
なんか嬉しかったです。

それによると、現在のような「布団」は江戸時代にはもう誕生していたものの、
普及したのはかなり最近のことらしいのです(明治以降?)。

それまで具体的にどうやって寝ていたのかは地域差があるようですが、
大き目の箱のようなものに籾殻や藁を敷き詰め、
その上に筵や寝茣蓙を敷き裸で入って?寝るという感じのものがありました。
(箱だけではなく、一部屋丸ごと寝床にしているパターンもあった)

先述した文章で「東北」と限定されていたのはよくわかりませんが、
暮らしの中の民俗学」で例として挙げられていたのが
長野の「箱床」、新潟や岐阜の「巣箱」、群馬の「寝床」に福島の「寝箱」だったので、
「寒い地域」という意味合いで使われていたのかもしれません。
暖かい地域ではまた別の寝る方法があったのかも。

例に挙げられた所以外の土地はどうだったのかなーと、
また脳内にしまっておこうと思います。
長い人生ゆるりと生きてたら、そのうち何かわかるかもしれない。




さくらは布団の上で丸くなって寝る、という習慣があるようです。
寒くなっても「布団の中にもぐりこむ」ことは滅多にありません。
猫は布団の上で丸くなる

夏の間は暑いためか「丸くなる」ということがありませんでしたが、
最近はよく丸くなっております。
寒くなってきたんだなあ。


この記事に対するコメント

布団が普及したのはつい最近、という話は初耳でした。
『ものを言う布団』という昔話もあるので、昔から庶民も普通に布団で寝ていたと思ってました。

【2014/10/28 01:37】URL | rain #Y6ZRlmbo[ 編集]

え、昔って布団無かったの!もし自分が昔にいたら凍死するしかないじゃないか

【2014/10/28 22:19】URL | モケモケ #-[ 編集]

森薫さんの「乙嫁語り」で、遊牧民の幕屋では寒い夜は裸で家族が抱き合って寝る、そうでないと寒くて風邪をひいてしまう、というのがあったのを思い出しました。
いや、東北も寒いだろうと。違うか(笑)
でも裸というのは初耳ですね。
掻巻(かいまき)は知ってましたが。
そういえば、徳島県に平安時代の建築を再現し、十二単も着させてくれて、寝具も掻巻という宿があるそうです。
余談でした~。

【2014/10/29 00:19】URL | あわじモン #AfzAR1ms[ 編集]

東北ではありませんが、江戸で一般的に使われたのは、今の掛け布団にあたる夜着、布団(敷布団のこと)、箱枕、そして夏用が掻巻・寝茣蓙だそうです。
ちなみに上方(京阪地域?)では、今のような四角い形状の掛け布団が元禄ごろから主流に使われていたようです。
敷き寝具である布団は、一般庶民の場合薄いせんべい布団のようなものが普通でした。

夜着とは袖と襟のついた大型の着物のような形で綿が入ったものを指し、掻巻は夏用の夜着で綿が薄いものをいいます。
貧しい庶民や武家の下男は掛け布団として「紙衾」(柿渋を塗った和紙に藁くずを入れて周りを縫ったもの。天徳寺ともいう)を
使用したといいます。
ただ農村では菰(こも)や筵(むしろ)が普通ですね。

余談ですが、当時は「寝間着」といた独立した衣服は存在せず、昼間着ていた下着や肌着のまま寝るのが普通で、夜着をもてない貧乏人は衣服を体に巻いたので「寝巻」が本当だそうです。
綿は当時とても高価なものであったので、長屋暮らしのような庶民の一番の財産は寝具であり、火事などになると真っ先に持ち出したのが布団だったそうです。

【2014/10/31 21:47】URL | ハナ #-[ 編集]

追記

書き忘れました^^;
敷布団は少し綿が入ったもので縁がついており、夏はその上に寝茣蓙を敷いて汗を吸わせたそうです。
敷布が使われるようになったのは明治以降だそうです。

【2014/10/31 21:55】URL | ハナ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/549-c537c21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)