FC2ブログ

日記の投稿時間指定ができることに気がついたので遊んでみるよ

「群雲、関ヶ原へ」というを本をお勧めいただいたので、ちまちま読んでおります。



群雲、関ヶ原へ〈上〉 (新潮文庫)群雲、関ヶ原へ〈上〉 (新潮文庫)
(1997/12)
岳 宏一郎

商品詳細を見る



まだ上巻の途中ですが、感想など。
ネタばれ注意。
島津家好きな方も注意。


「三成の中にあって、(…中略…)いっぽう竜伯(※島津義久のこと)は、天正年間ほとんど九州全土を制覇する勢いを示し、豊臣軍20万を迎え撃った島津家の先代は、可憐な花のようなものとして認識されているのだった。」



………???

文章の前半と後半が繋がらないような気がして、3回くらい読み返したのですが…





わはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!!!!!

可憐な花!!
可憐な花!!!
可憐な花!!!!

島津義久が可憐な花!!!!!


60過ぎの薩摩男児が、可憐な花!!!

義弘さん義弘さん(1ページ前で高麗より帰国した、島津義久の弟・島津義弘)、お兄様が可憐な花認識されてますよ!!!
そうですねえ、義弘も歳久も家久も強いですもの、強い弟たちに守られて一番上のお兄様は可憐な花ですよね箱入り娘ですねってねえよ!
(…関ヶ原直前のこの時期、歳久と家久は既に亡くなってますし…涙)

せめてこれが「凛とした」とか「気品のある」とか「高貴な」とか、せめて「秀麗な」「美しい」「清らかな」とかならば、「イケメン設定なのね」でスルーできるのに、「可憐な」と来ましたかあはははははは!!

1行でここまで笑ったのは初めてです。
腹筋痛え。


この後、「さあ可憐な花とやら、出ておいでv」と登場をとても楽しみにしていたのですが、

家康:「初対面の相手をいきなり訪問なんてできないわ恥ずかしいっ!なんとかうちに招いて頂戴!」

→そして家康:「Aちゃんお願いね」
→A:「Bちゃんお願いね」
→B:「Cちゃんお願いね」
→C:「義久殿、お願いですから家康殿のとこに遊びに行ってあげてください」
義久:「…なぜ?;;」

で50日かけて御招待したくせに、義久は「およそ1時間ほどいただけで、そそくさと自邸に去った。」三行で帰りやがりましたよこの野郎。

しかもそのあと
三成:「島津の財政立て直し手伝ったのは私なんだからね!今更家康ちゃんは近づかないで!」
三成:「義弘ちゃん、お宅のお兄さんが家康ちゃんと仲良くしてるみたいなんだけど…?」
義弘:「違うの、うちの兄も困ってるのよ」

てめーらは微妙なグループ力学の作用する女子中学生か。

※上の内容は私の勝手な解釈で、本当にこんな喋り方はしていません。そりゃそうだ。

結局、可憐な花という義久の外見描写は
「いかにも名門を想わせる端麗な貌に、ちらっと小さく笑みを浮かべたということだった」
くらいしかありませんでした。とても残念です。
これから出てくるかなあ。


何はともあれ。

上杉景勝が華奢な美少年だったり、
長宗我部元親がワイルドな過食症だったり、
石田三成が家臣団から庇護欲をそそられてたり、
文体は真面目なのにどーにも面白い内容です。

天下分け目の関ヶ原の戦いを舞台にした群像劇で、史実や逸話を織り交ぜながら、色々な人物の視点から歴史が動いてゆくのが面白い。

欠点をあげるなら、登場人物が多いのに一人一人の心情や主張がコロコロ変わり、
「彼についてはこういうエピソードがある」と話があっちこっち行き、
単純に小説としてみてみると、わかりにくい点でしょうか。


少量ずつ章が分かれているので、少しずつ読んでいこうと思います。


【追記】23時45分67秒、で設定したつもりなのに46分になってた…そりゃそうか…

この記事に対するコメント

うあ・・・弟君に共感した4コマに続いて日記にも書きたくなるような話が。。。やるな、もぐらさん!(?)

私も時代小説好きでかなり読み漁っているんですが、タイトルでびびっ!っときて、挿絵と新潮文庫ということでまともそうだ!と期待して、明日にでも買いに行ってみるか!と思って・・・

ネタばれみて撃沈した!w

なんですか、そのライトノベルか腐女子の好きそうな設定は!w
・・・最初の期待と違いますが、こわいもの見たさで買いに行きたくなりましたよw

【2009/07/28 22:26】URL | さんた #-[ 編集]

薩摩隼人に…

こちらでは初めましてですね。

朝鮮出兵で明軍五万を五千で押し返した島津に「可憐」って…。
その発想はありませんでした。
ひょっとして宝塚?

【2009/07/31 22:19】URL | 松崎 #ch2f7abI[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/46-08c3b252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)