FC2ブログ

お偉いさんは皆様スーツだった

「うちトコ」1,2巻が地元の「愛媛出版文化賞・奨励賞」をいただきましたので、
先日、表彰式に行ってきました。
ありがてえありがてえ。

正直、写真を撮ってるカメラマンさんとかテレビ局の方とかを見て
私があんたらを写真に撮りてえー!!!
と思いました。
いつ!
どこで!
資料写真が必要になるかわからないんだもの!!
こういう一般的じゃない光景ってそうそう出会えない!
その割りに「インタビュー」「表彰」の光景って
軽い小ネタやギャグでも使えそうな!
…でもまあ、仕方がないので
お偉いさん方のスーツを
「そうかー姿勢によってできる服の皺、結構違うんだなー」
と観察してきました。


そして「出版業界の現状と課題」という講演を聞いてきました。

「まちの本屋さん」(小さい、地元密着型の本屋さん)が苦境に立たされる主な原因は、
大規模店の出店よりコンビニの出店らしいです。

電子書籍に向いているのは「辞書」らしいです。
でもその辞書も、紙の辞書だと
「調べたその言葉以外も、前後の言葉をついつい見てしまう」
などの長所もあるそうでして、
更に「紙のほうが好き!使いやすい!」という人は
確実にいらっしゃるので、
電子化は進みはするだろうけれども紙の辞書が完全に消えることはないだろう…
とのことでした。

電子書籍に向いてないのは「絵本」らしいです。
想像してみました。
ちっちゃい子がよだれダラーとか、
コップひっくり返すとか電子ブックリーダーを口に入れるとか、
乱暴に扱って投げ飛ばすとか、
変なところクリックしてネットに繋いで勝手に高い本ご購入~とか…
うん…向いてないな…




(追記)
お祝いのお言葉下さった皆様、ありがとうございますv
もったいないお褒めのお言葉頂き恐縮ですが、
そのお言葉を糧にこれからもがんばっていきますので、
どうぞよろしくお願いします。


この記事に対するコメント

おめでとうございます!

すごいなぁ・・・
最近アニメイトでも見かけましたし。

【2012/01/21 22:01】URL | 茉莉花の香 #-[ 編集]

受賞おめでとうございます

受賞式という晴れの席で、
「私があんたらを写真に撮りてえー!!!」という受賞者は先生くらいでしょう(笑)。
研究熱心というか何と言うか…。

話は変わって、
書店に勤務している自分の意見なのですが、
紙の書籍というものは、まだ暫くは消える事は無いと思います。

確かに、雑誌の様に出版サイクルの速い商品は、
印刷に掛かる時間やコストの削減効果が大きいので、
電子書籍化に向いている面もあります。
また、絶版となった書籍も、
電子化する事でデータをダウンロードするだけで読む事が出来る様になれば、
店側としては売れない本の在庫を抱える事が無くなるし、、
出版社や作家側は、より多くの作品を、より多くの読者に読んでもらえる機会が増えます。
それぞれメリットはありますよね。

一方、読者側の意識としては、
「電子書籍端末で作品を読む」という意識が今のところあまりない、というのが現状だと思います。
その理由は、
スマートフォンや、iPadの様な電子端末の普及は進んでいますが、
まだ、あくまで情報端末として使うという意識が強く、
同時に、出版社側の電子書籍用の配信体制がまだ十分に整っていないので、
書籍用のツールとして使用するには、まだ不便な状況だからです。

では、配信体制が整い、電子書籍に使える端末が今以上に普及すれば、紙の書籍は無くなるのか?
そんな事は無いと自分は思います。

これは自論ですが、
「書籍を見る」という行為と「書籍を読む」という行為は別物だからです。

「見る」という行為は、作品を短時間で目を通す事であり、
「読む」とは、深くじっくりと構えて作品に向かう行為だと思います。

「書籍を見る」のであれば、お手軽に作品を入手できる電子書籍端末の方が便利でしょうが、
「書籍を読む」事を好む人、作品にじっくり向かう人にとっては、
作品を読む行為自体が好きなので、
重厚感に欠ける電子書籍では物足りなさを感じてしまい、
アナログ的な紙の書籍の方を好むのではないかと思うのです。
(あくまで私見ですが…)

したがって、将来の書籍の発行スタイルは、
「電子書籍」と「紙の書籍」の二極化が進む形となると思います。
電子書籍のシェアは増えるでしょうが、
それが全て紙の書籍に取って代わる事はないだろう、というのが自分の考えです。

長文失礼しました。

【2012/01/21 22:49】URL | Gunners #ASdpXOgo[ 編集]

祝!

受賞おめでとうございます!
この勢いで、是非新刊を!(笑)

【2012/01/22 00:20】URL | 福井生まれの神戸人 #-[ 編集]

おめでとうございます

これからはやはり「もぐら先生」とお呼びするべきですね(本気)
で、どこかに缶詰めになっていただき「先生(汗)新刊はまだですかぁ(絶叫)」と
矢のような催促で矢継ぎ早に3巻、4巻と(大真面目)

【2012/01/22 12:03】URL | ヒロシ☆ #HfMzn2gY[ 編集]

祝☆受賞

おめでとうございます。

こちらは妻の母がこの世を去り、昨日お見送りしたところです。
先程、得得う○んに義父と義妹一家を誘って行ってきました。
お水と一緒に干し梅が出るんですね。知らんかった。
干し梅を見るとモグラさんの名前が浮かぶ今日この頃です。

【2012/01/22 20:21】URL | いちのう #6y.xCHH6[ 編集]

おめでとうございます!

この度は授賞おめでとうございます!
いつも楽しい作品をありがとうございます!
これからも頑張ってください!
応援しています!
本当におめでとうございます!!!

【2012/01/22 21:04】URL | 前田悠 #-[ 編集]

おめでとうございます。この勢いで そろそろ 3巻のほう どうですか?楽しみにしていますが。
 子供が小さかった時 一回だけ 偶然に デパートの催しもので テレビの撮影に遭遇したことがあります。子供たちが 木のおもちゃで遊ぶってものだったのですが(木でできた 台所セットなんてありました。)しっかり 後ろ姿の娘が 夕方のニュースに映ってました。いい経験だったと思ってます。(ただの偶然ですが。)
撮影風景なんて なかなか 見れないので ほんと 写真とっておけばよかったかな~とも思ったのですが なんか そういうのも 失礼かな なんて 気をまわしてしまいますね。

【2012/01/23 09:30】URL | ななしのごんべえ #-[ 編集]

 おめでとうございます!!!
 凄い快挙だと思いますよ。
 四国だけじゃなく日本中をネタにして、地元さえ知らない事を発信してくださるもぐらさんの漫画は、もぐらさんの努力あってのことですからね。認められて当然です。
 これからも応援します。
 
 もう一度、おめでとうございます!!!!

【2012/01/23 11:15】URL | じゅんこ@秋田 #-[ 編集]

おめでとうございます

さっそく愛媛新聞社のサイトを見てみました
・・・
感違いかもしれないですが
もぐらさんだけフレームアウトしてませんか?

【2012/01/23 17:23】URL | 広島もんじゃけん #dMHgelSU[ 編集]

コメント

あ!やっぱりマスコミが取材に来てましたか。
これは…もぐらさんの露出が増えてしまう…。
そのうちネットにも流れると思うので、「もぐらさん当て」でもして遊びましょう。

個人経営の店って、雑誌に頼っているらしいですから、コンビニが的なのは分かりますねー。

電子書籍向けには、分厚くて巻数が多い漫画も人気らしいです。
美味しんぼとかゴルゴ13とか。
まあ、おき場所に困るという意味で理解できます。

【2012/01/23 22:21】URL | たこ焼き器シェア9割 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/304-9743a134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)