FC2ブログ

坊ちゃん劇場の「誓いのコイン」見てきました

地元の「坊ちゃん劇場」でミュージカル「誓いのコイン」見てきました。

坊ちゃん劇場

しばらく前に松山城二之丸の井戸跡から、ロシアのコインが発見されまして。
なんとそれに、日露戦争で捕虜になったロシア人将校と日本人女性の名前が刻まれていることがわかったのです。
(最初は日本人「女性」かどうか分からなくて、
「戦争を超えた100年前の友情の証」と言われていました。
今は「国境を超えた恋を刻んだのだ」と言われてます。
詳しくは こちらのニュースなどどうぞ)

「誓いのコイン」は、このコインを軸にした創作ミュージカルです。

とまあ、そんななので、
「ああーなんか小難しそうな、堅苦しそうな内容っぽいなあ…」
と思って敬遠しておりました。

しかし「面白いからぜひ」と知り合いに勧められまして、
「はぁ~そんなら見てみようかー」と遠出しました。


面白かった。


泣きました!
いやーこれは面白かった!
話の筋も分かりやすかったですし、
歌も上手かったし、演出も素晴らしかった。




松山は日露戦争のとき、ロシア人捕虜を収容したそうです。日本初の捕虜収容所です。
なんで四国なんだろう…
四国なら、ロシアに逃げようがないからだろうか…それはとにかく。

劇中で。
最初、ロシア人捕虜を受け入れることになった松山では
「ロシア人が来る!敵が来る!どうなるんだー!」「石を投げろ!」
とパニックで、警察(なのかな?)が県民に対し「捕虜は罪人ではない。祖国の為に戦っただけだ、決して非道な扱いをするな」というように言い含めておりました。

しかしそんな松山の人たちが、しばらくしたら
「ロシアの捕虜さんたちはいろいろ技術を教えてくれる♪
たくさん買い物もしてくれるから景気回復イエーイ!」
みたいになっていて、その変わり身の早さについ笑いがvv


日本が勝って
「日本万歳、日の丸最強ー!」
と提灯行列している中で、捕虜さんたちが
「もう一度祖国に帰りたい、凍てつく大地を踏みしめたい、愛する家族を抱きしめたい」
と落ち込んでいたり、
物語としてもとても面白いのですが、
かつ歴史を知ることも出来て大変面白かったです。


「坊ちゃん劇場」ではこれが第6作目だそうで、
これほど面白いなら、今までの作品も面白かったんだろうー見ておけばよかったなあと後悔。
アンコール上演とかやらないかなー。




オチ。
帰ってから熱が出ました。
やっぱり久しぶりに人ごみ(※私比)行くと、家に帰ってからガクっと来ますわー
おやすみなさい。


この記事に対するコメント

お疲れ様でした。

【2011/09/16 16:36】URL | 友猿 #-[ 編集]

第一次世界大戦の板東俘虜収容所を思い浮かべてしまった。
ドイツの俘虜が収容されたときは、国から『技術を学べ』とのお達しがあったとかなかったとか。

しかし、日本人って学ぶのが好きなのですねぇ……

お疲れさまでした。

【2011/09/17 20:13】URL | #-[ 編集]

感激ーーー!

お疲れ様でした!
実は私も思ったより(失礼)素晴らしく、もっと早くから見たらよかったと猛省です。
限られた舞台での展開が素晴らしく、気が付いたら途中からは思わず身を乗り出して舞台にかぶりついていました。
やはりもっと多くの人に見てもらえたらいいですね、四国、松山にこんなに素晴らしい舞台があることを全国、いえ世界の人に知ってほしいですね。77034

【2011/09/18 09:05】URL | 松野町のkumako #0MSZ3iOg[ 編集]

 おー、ぼっちゃん劇場!
 私ら地元が誇る「劇団わらび座」関連の劇場!
 そのお芝居面白そうですね。こっちでもやってくれないかなあ。

 ところで、ぼっちゃん劇場のHP見たら、この日記、紹介してましたよ。
「もぐらさんのブログで紹介」みたいに。
 びっくりしました!

【2011/09/22 10:46】URL | じゅんこ@秋田 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/274-4268a837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)