FC2ブログ

推理小説の落とし穴

先日の母。
クイズ番組を見て、

母:「答えはブラジルね!!!」
テレビ:「正解はエジプトです。」
母:「ほーら当たった!!

皆:「え!?

私:「おかーさん、ブラジル言うたやん!」
母:「うんだから正解…あれ?」
私:「お母さんが言ったのはブラジルで、正解はエジプトやけん間違えとるやん!」
母:「でもお母さんはエジプトのつもりでブラジルって言ったのよ、だから正解よ


それで正解になるなら世の中に不正解の人はおらんわ。


母:「だってエジプトブラジルって似てるでしょ?」

(南半球にある大陸の北東に位置する、という共通点がある…
と言いたいらしい。おそらく。)

今回は、「自分がブラジルと言った」ということを認めてくれたのでまだよかった。
「お母さんそんなこと言ってない!」
と言うことも大変よくあることなので。



推理小説とかで
「貴方が犯人ではと疑ったのは理由があります。
事故や病気や自殺などの可能性もあったのに、あなたは殺人と決め付けて
誰が犯人なの?
と仰いましたね。だからですよ」
というような台詞が時々ありますが、
うちの母なら絶対
「そんなこと言ってないよ!」
「言ったとしても別の意味よ!」

と言い張ると思います。


この記事に対するコメント

 あいも変わらず面白いお母様ですね。
 我が母もかなりの地理音痴ですが、「世界遺産」という番組のおかげでだいぶわかるようになってきました。
 父が買った詳細な地図を開きながら勉強する姿は尊敬しますが、たまに「アルゼンチンはヨーロッパ?」とトンチンカンな事を言うので、私が「たしかにアルゼンチンタンゴはそれっぽいけど、南アメリカだや。」と指導します。

 ただ、うちの親も素直な犯人にはなれないでしょうね。
 2時間ドラマ見ながら「追い詰められてもシラきりとおせば誤魔化せるのに。」とよく言ってますから。
 もぐらさんのお母様とは違うタイプかも。

【2011/07/07 10:03】URL | じゅんこ@秋田 #-[ 編集]

思い切り声出して笑ってしまいました(笑)
うちの母親はドラマとかのセリフに何故か返事をしますね。
(例:「青い鳥いないかなー」『いないよー』)

ちなみに推理小説では母が
「ありえないでしょ」と意外に現実的な話をしだしたり、
途中で寝てしまって大事なところを見逃したりしています。
でも、見たくなるようです。

でも母親は太陽だとか言いますし、
明るいお母さんだと家も明るくなるものなのですよ。

【2011/07/07 23:08】URL | 紫いも #-[ 編集]

知床どじょう

夫の友達と電話で話していたとき、なぜか加藤登紀子さんの話になったか知床の話になったかで

「私も知ってる、知床どじょう!」
旅情って言いたかったのだけど急いだらそうなってしまって、しばらく笑われて、ねたにされました。

推理小説といえば図書館で推理小説を借りたら「こいつが犯人」と登場人物紹介のトコに書いてあった。やめてほしい。フェイントかますにしても。

【2011/07/08 01:40】URL | ゆふ #x8hUpm56[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/257-49cda956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)