FC2ブログ

母の若いころの過ち

ケータイ書店で「大江戸タイムウォーカーズ」描かせて頂きました。

1月号表紙

今回は「どんと焼き」をネタにしました。
「左義長」などとも言うらしいですが、私は「どんと焼き」と言います。
でも「どんど焼き」とも言うかもしれない。

1月15日(小正月)の火祭りで、お正月飾り(しめ縄とか門松とか、地域による)を燃やします。
私にとっては「しめ縄と、神社のお札を焼く」ものです。

正月飾りって、ごみとして捨てるのも物置にしまっておくのも何なので、
やっぱりこういう場で燃やさなくては……

名称や細かい部分(だるまを焼くかどうか、とか一緒にどんなお祭りをやるかとか)は地域によって違います。
皆様の地域ではいかがでしょう?


しかし、うちは田舎ですからいいけど、都会ってこういうのやってるんだろうか。


1月号バナー
というわけで、PRでした。読んで頂ければ嬉しい限り。
現在ドコモにしか対応してないらしいのですが、
次の次の次の号からソフトバンクやauにも対応すべく作業中、らしいです。






日記。
帰宅したら、廊下に着物が干してありました。留袖。
家紋が豊臣秀吉のコレ↓だったのでびびりました。
豊臣秀吉の家紋

私:「うちの家紋ってコレだったの!?」
母:「違うよ?

母:「これは訪問販売で買わされた奴

ええええええええええええええ。

生地の良し悪しはよく分かりませんが、
そんな私の素人目で見ても薄っぺらでいかにも安そう
つーか裏地に穴があいてる。

しかも胴回りのあたりで、布を繋ぎ合せてる。
胴回りをぐるっと、ミシン目が見える

更には、襟のところ、黒地に白い糸で
「……しつけ糸?」
という感じの縫い目が。


母:「買い物失敗したんだからあんまりじろじろ見んといてよー」
私:「だったらクーリングオフしようよ!!
   訪問販売って言ったよね!?
   訪問販売はクーリングオフできるから!!」

母:「あんたが1歳になるかならないかの頃に買ったんだけど








そりゃ時効だわ。


穴あきは、最初からではなく、ちゃんと保存していなかったせいらしい。
着るのもなんですが、捨てるのもなんだったので、ずっと置いているそうです。

こういうのこそ、どんと焼きで燃やすべきかもしれない。
(断られるわい)






[追記]
着物について、いろいろお教え下さった皆様ありがとうございましたv
母に、胴回りの縫い目や、襟の縫い目は仕様であって手抜きではないこと、
豊臣秀吉の紋は、家紋がわからないあるいはない場合使われる一般的なものであること、
などを説明してきました。

でも穴があいてるから駄目よ

と一蹴されましたけどね(汗)。

しかしながらずっと「世間知らずの若いころ、買い物に失敗してしまった
と思っていたようですので、その点気が軽くなったみたいです。
良かった良かった。

…まあ一回も着てないのに、もう着ることができなくなった状況は変わらないわけですが。
可哀そうな着物だ。


この記事に対するコメント

縫い目について

虫干しをされたのでしょうか。
確かに留袖がいきなり干してあったら・・・
何事!?ですよね(^_^;)

現物を見ていないので、推測ですが、
胴回りは仕立て上、表に縫い目が出る部分だと思います。
襟部分は「ぐしびつけ」と呼ばれるものだと思います。
ですので、その点では不良品ではないと思いますよ。

また着物は崩れ防止に
しつけ糸が付いた状態で購入者へ納めます。
もし、しつけを外さないままでしたら型が付いてしまいますので
お早めに外す方が良いと思います。

心配なのは穴が空いていることですね。
着用していない=汗が付いていない絹は
虫が食わないはずなのですが・・・
念のために他のお着物とは一緒にしない方が良いと思います。

柄にもよりますが、羽織やコートに仕立て変えてもらうのが
一番有効活用できますよ♪

【2010/01/16 22:45】URL | K.M #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mogura45.blog20.fc2.com/tb.php/106-f8afc1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)